HOME >> ハラールとは

ハラールとは

イスラム法において合法なものの事をハラールといい、非合法なもののことをハラームといいます。そして、最近ではそれ以外のハラールでない物の事を非ハラール(non halal)と称する事もあります。

清潔・健康的

’何を食べているのかを知る意識’こそが、健康的な食生活の始まりです。

ハラールに処理された食品は、ムスリムの人のみが食するものではなく、もちろん誰でも食することができます。食肉に関しては血抜きをするため、バクテリアの繁殖を防ぎ、鮮度を保ち、清潔に肉を食する事ができます。その他、加工品や化粧品では原材料にハラールではない成分を含むもの(ポークエキス、ゼラチン、豚脂など)を食、利用することができません。

最近では一般的にオーガニック食材が日本でも大変人気となってきました。欧米では早くから健康に気を使う人々から人気が高まっていたようですが、日本でも食や健康への意識が高まってきた証拠です。自分の体に何を入れているのか、それを知りたいという意識、果たして普段自分が口にしているものが体に取って良いものなのか、悪いものなのかを判断する意識。我々が日々の食事を通して体にできることを考えて行く。自分の体や子供達の体の事を考えると当然の意識だと思います。

ハラール タイバン(حلال طيبا)のコンセプト

’良いものを提供する’ そのこころは。

ハラールはひと言でも、意味として2つあります。1つはイスラム法で合法であること、そしてもう1つは健康的、清潔、安全、高品質、高栄養価であることです。従いまして、ハラール認証を受ける際には、イスラム法に則った基準をクリアする事はもちろんですが、工場や施設内は2つ目の項目もクリアしなければなりません。日本国内ではそういった基準がすでに社会の中であるのでほぼ問題はないかと思います。例をあげると、イスラム法では問題ない屠殺処理をされた動物達を、不衛生な方法で管理している、清掃が行き届いていない、環境が国内基準値を下回っている、と監査員が判断した場合は、ハラール認証をすることができません。

イスラムでは我々の日常において常に清潔を保つ事、自分が摂取するのにふさわしい良いものしか他人にも与えません。これがハラール タイバンのコンセプトの源となります。

それによって管理、監視されたものがハラール製品となりますので、ハラール製品はムスリムにとってのみ良いものなのではなく、誰にとっても健康的で良いものであると言えるでしょう。

23:51. あなたがた使徒たちよ、善い清いものを食べ、善い行いをしなさい。われはあなたがたのすることを熟知している。

ハラールの表記

ハラールとはアラビア語でحلال、と書きます。ローマ字で書くとHalalですが、haとlaの間にLとそれを伸ばすaaがありますので、発音するとHalaalとなります。そのため、カタカナで書くとハラール、というのが正しい表記となります。

なぜイスラム教徒はハラールにこだわるのか イスラムの信仰とハラール

単なる人の好き嫌いとは違うハラールへのこだわり

ムスリムにとって、ハラールの食品のみを口にすることは神の教えに忠実に従うこと、すなわち信仰そのものです。聖典コーランにはこのように書かれています。

◎ハラールか、ハラームかは明確である。

5:3.あなたがたに禁じられたものは、死肉、(流れる)血、豚肉、アッラー以外の名を唱え(殺され)たもの、絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き殺されたもの、野獣が食い残したもの、(ただしこの種のものでも)あなたがたがその止めを刺したものは別である。また石壇に犠牲とされたもの、籤で分配されたものである。これらは忌まわしいものである。今日、不信心な者たちはあなたがたの教え(を打破すること)を断念した。だからかれらを畏れないでわれを畏れなさい。今日われはあなたがたのために、あなたがたの宗教を完成し、またあなたがたに対するわれの恩恵を全うし、あなたがたのための教えとして、イスラームを選んだのである。しかし罪を犯す意図なく、飢えに迫られた者には、本当にアッラーは寛容にして慈悲深くあられる。

5:4.かれらは何が許されるかに就いて、あなたに問う。言ってやるがいい。「(凡て)善いものはあなたがたに許される。あなたがたがアッラーの教えられた仕方によって訓練した鳥獣があなたがたのために捕えたものを食べなさい。だが獲物に対して、アッラーの御名を唱えなさい。アッラーを畏れなさい。本当にアッラーは清算を極めて速くなされる。」

23:51.あなたがた使徒たちよ、善い清いものを食べ、善い行いをしなさい。われはあなたがたのすることを熟知している。

神が良いとしているもののみを食する、それ以外の行為をすることはすなわち背信行為にもなりかねない。従って、神に身を委ねるイスラム教徒にとって、ハラールではない物を口にすることは罪をおかす事になります。それはイスラムの信仰の根源でもある神への信仰心から、罪に対する懲罰を恐れてそのような行為は日常的にすることはありません。

イスラム教徒のハラール食へのこだわりは、ただ単なる人の好き嫌いではありません。豚肉入りの物を豚をよけたからといってハラールになる訳でもないですし、スープやブイヨンにそれらが使用されていたら、いくら見た目は分からなくても、食することはできません。トンカツをあげた同じ油であげられた野菜や魚も食することはできません。フランス料理で使われるワインや日本食・中華で使われる料理酒はたとえ使用する食材がハラールであっても、アルコールを入れることでハラールではなくなります。

◎ハラール屠畜されていない肉について

6:119.あなたがたは,アッラーの御名が唱えられたものを,どうして食べないのか。かれは,あなたがたに禁じられるものを,明示されたではないか。だが,止むを得ない場合は別である。本当に多くの者は,知識もなく気まぐれから(人びとを)迷わす。あなたの主は,反逆者を最もよく知っておられる。

6:120.公然の罪も内密の罪も避けなさい。本当に罪を犯した者は,その行ったことに対し報いを受けるであろう。

6:121. またアッラーの御名が唱えられなかったものを食べてはならない。それは実に不義な行いである。しかし悪魔は,自分の友を唆し,あなたがたと議論させようとする。あなたがたがもしかれらに従うならば,あなたがたは正に多神教徒である。
6:138. またかれらは「これこれの家畜と穀物は禁じられる。わたしたちが許す者の外に,誰も食べることは出来ない。」などとかれらの勝手な決断により,背中が禁忌になっている家蓄,また(屠殺にさいし)それに,アッラーの御名を唱えない家畜などと(捏造して)言う。(これらは凡て)かれに対する捏造である。かれはこの捏造に照らし,やがて報われるであろう。

◎ハラールかハラームかを決めるのはアッラーのみである。

16:116. あなたがたの口をついて出る偽りで,「これは合法〔ハラール〕だ,またこれは禁忌〔ハラーム〕です。」と言ってはならない。それはアッラーに対し偽りを造る者である。アッラーに対し偽りを造る者は,決して栄えないであろう。

◎ハラール屠畜をする際にアッラーの名を唱えること。これ以外にも多くの節で同じ事を何度も何度も言っている。

22:34. われは凡てウンマの(供儀の)儀式を定めた。かれが授けられる4つ足の家畜の上に,アッラーの御名を唱えなさい。本当にあなたがたの神は,唯一の神であられる。だからかれに服従,帰依しなさい。あなたは,謙虚な者たちに吉報を伝えなさい。

22:35. これらの者は,アッラーの御名が唱えられる時,心は畏怖に満ち,遭遇することによく耐え忍び,礼拝の務めを守り,またわれが授けたものを施す者たちである。

22:36. また(犠牲の)ラクダ(や牛)を,われはあなたがたのためアッラーの儀式用とした。それらにはあなたがたへの(多くの)利益がある。(犠牲に供えるに当り)並べて,それらの上にアッラーの御名を唱えなさい。そしてそれらが横ざまに倒れ(動かなくなっ)たならば,あなたがたはそれを食べ,また口に出して請わない者,物請いする者たちに食べさせなさい。このようにそれらをあなたがた(の用)に供させるのもあなたがたに感謝の念を起させるためである。

◎これは有名なハディースからの引用

バシールの息子、アブー・アブドッラーフ・アンヌアマーン―アッラーよ彼ら両名を嘉したまえ―の権威による。彼は伝えている。

私はアッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―がこう言われるのを聞いた。

許されたこと1は明らかであり、禁じられたこと2もまた明瞭であるが、その中間には多くの人々が知りえないさまざまな疑わしい事柄がある。したがって疑わしい事柄を避ける者は、自分の宗教、名誉に関して〔過ちから〕免れるが、それに足を踏み入れる者は禁じられた行為を犯すことになる。これはちょうど聖域のまわりで動物を飼う牧童3が、聖域の中で動物に草を食ませる危険を冒すようなものである。まことに王者は誰しも聖域をもっているが、アッラーの聖域とはそのさまざまな禁令である。まことに肉体の中には一片の肉があり、それが健全な場合肉体はすべて健全だが、それが腐ると肉体もすべて腐ってしまう。その〔一片の肉〕とは心のことに他ならない。

この伝承は、アルブハーリーとムスリムの2人が伝えている。

1 原語ハラールとは宗教で許されたこと、許された行為を指す。

2 原語ハラームとは宗教で禁じられたこと、禁じられた行為を指す。

3 聖域中で動物に草を喰ませてはならないが、えてしてその周囲で動物を飼う牧童は知らぬ間にその禁を破ってしまいがちである。

出典:40のハディース イマーム・アンナワウィー イスラミックセンター・ジャパン翻訳

ハラールとハラームの意味

ハラールかハラームであるかは、食に限ったことではありません。イスラム教徒の日々の生活において全てが当てはまります。

  • ハラールであるか、ハラームであるかを決めるのはアッラーのみである。
  • ハラールであるものは清浄、安全であること、人の普通の理解で良いものはハラールで、逆がハラーム。
  • 賭博、高利貸し、利子、婚前交渉、同性愛、姦通、男性が女性の格好をする事やその逆、男性がシルクや金を身につける事、等もハラーム。
  • ハラームなものをハラールと偽造する行為はハラーム。
  • ハラームな行為をする人はハラームであるが、それらを助成する事もハラーム。
  • ハラールかハラームか不明なものは避けるべきである。

ハラーム(不法)な食品

  • ハラールに屠殺されていない動物
  • ナジスを含んだもの
  • 毒物、健康に害のあるもの、泥酔性のあるもの
  • ナジスに触れた機具を使用して製造されたもの
  • 人体的なものが含まれたもの
  • 全ての製造工程においてハラームなものから分離されていないもの

ハラームな動物 全ての動物はハラールであるが、下記を食することはハラームである。

  • ハラールに屠殺されていない動物
  • 重度ナジスの動物(犬、豚とそれにまつわるもの)
  • 牙をもち、その牙で獲物を得る動物:虎、クマ、象、猫、猿等
  • 捕食動物:鷹、フクロウ等
  • 害虫、毒性をもつ動物・昆虫:ネズミ、ゴキブリ、サソリ、ヘビ、蜂等 類似を含む
  • イスラム法で殺してはいけない動物:ミツバチ、キツツキ等
  • 不快なもの:のみ、しらみ等
  • ナジスを餌として与えられていたハラールな動物
  • その他、イスラム法で食べてはいけないとされる動物:ロバ、ラバ

水の生き物

  • 水の中以外では生きられない生物はハラール:魚等
  • 毒性があり、人体に悪影響のある生物はハラーム、ただし、調理の際にそれらを取り除いた場合はハラール。:ふぐ等
  • 水の中と外の両方で生きられる動物はハラーム:ワニ、亀、カエル等
  • ナジスを餌として与えられたハラールな生き物

植物性と飲料

  • 毒性、泥酔性、健康に害がある以外の全ての植物はハラールである。
  • キノコ類と細菌類:毒性、泥酔性、健康に害があるもの以外はハラールである。
  • ミネラルとケミカル:毒性、泥酔性、健康に害があるもの以外はハラールである。
  • 飲料:毒性、泥酔性、健康に害があるもの以外はハラールである。
  • 遺伝子組み換え食品:毒性、泥酔性、健康に害があるもの以外はハラールである。

ナジス(不浄なもの)

イスラム教徒の日々の生活の中に、清潔は常にあります。ナジスが体に付着していると礼拝もできないほどですので、毎回の礼拝の前には体を清める作業をします。食に関しても同じく、体内にナジスを取り入れることはハラームとなります。

  • 犬と豚、それらに関わるもの(唾液、毛、皮膚、排便等)
  • ハラームなものと混じったもの
  • ハラームなものに直接触れたもの
  • 人や動物の糞尿、血、膿み、嘔吐、胎盤、糞便、豚と犬の精子、卵子(他の動物の精子と卵子はナジスではない。)
  • 死肉、ハラールな動物でもハラールに屠殺されていない動物
  • アルコールを含む食品、または飲料

ナジスの種類

  • ムガラザ(mughallazah) 重度のナジス:豚又は犬、それらから排出された液体、体の開口部から出たもの
  • ムカッファファ(mukhaffafah) 軽度のナジス:男の赤ちゃんの尿(2歳以下で母乳以外を体内に入れた事のない男の赤ちゃん)
  • ムタワッシタ (Mutawassitah) 中度のナジス:重度、軽度以外のナジス

ナジスの取り除き方

  • 清浄な水(鉱物以外の匂い、味、色の無い)で7回洗浄する。そのうち1回は土を混ぜて洗浄する。
  • 宗教洗浄:製造ラインでハラーム品を取り扱っていて、ハラール化に切り替える際に必要な洗浄方法。

ハラール認証を希望していて、ハラール化以前に重度のナジスの取り扱いがあった製造ライン、または屠畜場、飲食店等についてはハラール化する日程を定め、協会から派遣するイスラム教徒の立ち会いのもと、宗教洗浄を行います。7回洗浄し、そのうち1回は業務用粘土洗剤(協会から支給します。)を使用し洗浄します。

 
  • ハラールとは
  • 企業の方へ
  • 会員のご案内
  • ハラール認証取得企業一覧
  • レシピ紹介
  • 代表ブログ

お問合せ

NPO法人 日本ハラール協会

〒547-0035
大阪市平野区西脇1丁目1番2号
ミヤコ三愛ビル
FAX:06-6704-7081
Mail:info@jhalal.com

お問合せ

 

このページの先頭へ戻る