HOME >>  お知らせ > イード ムバラク!

イード ムバラク!

| 2011年8月30日更新 | お知らせ

イスラム太陰暦9番目の月で断食の月であるラマダンが終わり、日本では新月の確認された8月30日がイードの日となりました。イードは本来、ラマダンを明けた人々がお祝いをする日となり、日本のお正月に少し似ています。朝はまずイードの合同礼拝にでかけ、心身ともに入れ替える気持ちで参加します。そして、ザカート(喜捨)を決められた分だけ決められた人々に決められた時間内に払います。これによって、貧しい人も裕福な人も一緒にお祝いができるようになります。それから、新しい服を来て、近所や親戚を訪問し、ごちそうを振る舞ったり、プレゼントを贈りあったり、お年玉のようなものを子どもだけではなく大人にも配ったりすることが良いことだとされています。イスラム教徒にとっては、神聖なラマダンの月はもちろん大好きですがこの楽しいイードも年中待ちわびるくらいの日となります。

 
  • ハラールとは
  • 企業の方へ
  • 会員のご案内
  • セミナー・講習 開催案内 
  • ハラール認証取得企業一覧
  • 代表ブログ

お問合せ

NPO法人 日本ハラール協会

〒547-0035
大阪市平野区西脇1丁目1番2号
ミヤコ三愛ビル
FAX:06-6704-7081
Mail:info@jhalal.com

お問合せ

 

このページの先頭へ戻る