HOME >> ハラール認証について

ハラール認証について

1.当協会のハラール認証の特徴

ハラール認証制度が法的に運用されている国々へハラール認証製品として輸出する際には、輸出相手国のハラール認証機関から正式に承認を受けた国内認証団体が発行したハラール認証書が必要になります。それ以外のものはハラール認証製品として認められていません。

当協会のハラール認証書は、マレーシア、インドネシア、シンガポール、湾岸諸国(UAE、サウジアラビアなど)のハラール認証機関から相互承認を受けており、当協会で行うハラール認証監査は、各機関が定める基準に則って実施しています。従って、それらの国々へハラール認証製品として輸出する際に有効となります。

その他の非イスラーム圏・イスラーム圏については、ハラール認証制度が法的に運用されておらず、基本的に国家による認証団体への承認は不要とされております。

 

◇ 湾岸諸国認証機関(GAC)ISO/IEC 17065認定とGSO2055-2認定 取得 ※GSO向け監査が必要

◇ UAE承認機関(ESMA)ハラール認証機関認定 取得 ※GSO向け監査が必要

◇ マレーシア政府ハラール認証機関(JAKIM) 相互承認取得

◇ インドネシア インドネシアウラマー評議会(MUI) 相互承認取得

◇ シンガポールイスラーム評議会(MUIS)相互承認取得

◇ タイ中央イスラーム機構(CICOT)相互承認取得

◇ 台湾 台湾清真産業品質保証推廣協会(THIDA) 相互承認取得

◇ 世界ハラールフード機構 World Halal Food Council (WHFC)メンバー

 

 

2.ハラール認証対象分野

・食品(加工食品、屠畜、食品添加物、健康食品含む)

・化粧品及びパーソナルケア

・医薬品

・物流サービス

・キッチン(セントラルキッチン)※飲食店向け認証は、別のスキームになります。

カテゴリー表 ハラール認証対象分野詳細

 

3. ハラール認証を申請するにあたって

以下の事項をよくご理解頂き申請を行ってください。

【認証取得前提条件】

・ISO9000s、GMP、HACCP、ISO22000のいずれかを取得していることが基本的条件です。

・仮に上記認証未取得でも、同等レベルと評価できれば、ハラール認証取得は可能です。

 

尚、以下の場合は申請を受け付けることができません。

1:ハラール認証適応範囲でない場合

2:提供される情報に虚偽が含まれている場合

3:提供される情報が認証を遂行するのに不十分な場合

4:多忙時期で延期をやむなくする場合

4. ハラール認証の申請

まずは申請フォームではなく、お問い合わせよりご連絡下さい。製造工程や材料について詳しく明記されたものをご用意ください。仮にその時点でハラールではない要素があった場合でも、代用や製造工程の変更によりハラ−ルにすることが出来る事もありますのでご相談ください。

商品名リスト テンプレートExcelファイル 

 

5. ハラール認証のフローチャート

 

①問い合わせ

②面談

③事前審査申請

④お見積り

⑤事前審査(製品のハラール性の見込みの審査)

⑥可否判定(⇒ 判定可の場合ハラール認証申請に進む)

⑦ハラール認証申請

⑦書類監査

⑧書類監査結果報告

⑨現地監査(提出書類を元に世界ハラール基準に沿ってチェック事項を確認するため、会社・製造ラインを訪問致します。)

⑨改善事項(CAP: Corrective Action Plan)

⑩改善事項の確認

⑪判定委員会承認

⑫ハラール認証書発行

6. 日本ハラール協会 ハラール認証取得企業一覧(公表企業のみ)

 

 
 

このページの先頭へ戻る