HOME >> ハラール調理師認定講習

ハラール調理師認定講習


訪日ムスリムマ
日本のグローバル化に伴い、日本から多くのものを排出しようという動きが各方面で増加している中、世界で最も好きな料理はと聞かれて「Japanese!」と答える外国人は少なくありません。

世界中には日本人の経営する和食レストランもありますが、多くは現地人もしくは日本人以外のアジア系の人たちによる「Japanese」が展開されています。

和食はすでに日本を飛び出し、海外で現地化され、その土地の味や文化に融合しているのが事実です。

イスラム圏であれば和食はハラール化を取り入れる事、日本においても増加する訪日・在日ムスリムへの対応として「ハラール和食」に需要が高まるのが自然な流れとなります。

普段私達日本人が食べ慣れた和食。これがグローバル化と共にハラール化されていく時代が来ました。歴史的な前代未聞の試みです。どのようにハラール和食は作られていくのか、まずは和食を調理する調理人のハラール化に重点を当て、調理人の方々にハラールとは、をご理解頂き、日本食のプロによる指導においてそのノウハウを修得して頂きます。

 

ハラール調理師認定講習(主催:大阪府日本調理技能士会)

halalchef_training

対象

ハラール化を検討しているレストラン・ホテルの調理師の方。

受講の目的

増加する一方である訪日ムスリム客の旅行先での問題点No.1はハラール食にありつけるかどうか、という不安です。ムスリムが食事にハラール性を求めるのは、イスラームへの信仰そのものであります。その不安を取り除く事でムスリムがもっと和食を楽しむ機会を設ける事ができ、更に和食人気の高まる海外へもハラール和食が拡散する可能性もあります。

既存のレストラン店舗をハラール化する、食材・調味料等がハラールなことが明確にしハラールメニューを開発する、手に入る材料だけでハラールな和食を作る等、様々な対応が可能ですが具体的にどのようにすれば実現できるのか。これらはムスリムにしか出来ない事ではなく、ムスリムによる監修において、ムスリムが安心して食する事ができる場所や機会の提供が一般のレストランでも可能になります。又、この講習は和食に限らず、応用としてフレンチ、イタリアンなどにも適合する事ができます。

本講習は、大阪府日本調理技能士会が主催しています(下記バナー参照)。なお、本講習は、日本ハラール協会「ハラール接遇主任講習」とのセット受講になります。

 banner_halalchef_training 

 

 関連情報

「日本食品に対する海外消費者調査(中国、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリア)」結果について(JETRO)

 

 
 

このページの先頭へ戻る